NEWS

ニュース

徹底分析!失敗しない縮毛矯正と美容師の探し方 | ECLART 完全個室美容室

髪をまっすぐにする施術である縮毛矯正。クセやうねりなどの髪の悩みを持つ方は、一度は縮毛矯正を検討したことがあるのではないでしょうか。

そもそも縮毛矯正とは何なのか、その仕組みを解説します。また、近年耳にすることの多いGMT縮毛矯正やスピエラ縮毛矯正についてもご紹介。縮毛矯正に失敗しないための、美容師の選び方についてもチェックしましょう。

1.縮毛矯正とは

a.髪の仕組み

髪の主成分はケラチンというタンパク質です。ケラチンはいくつものアミノ酸が複雑に結びついて構成されています。

くせ毛の原因はこの結びつきのズレ。直毛の場合はまっすぐ結びついていますが、くせ毛の場合は曲がった状態で結びついています。この違いは毛穴のゆがみから発生しているため、根本からくせ毛を直すことは困難です。

また、髪の内部はコルテックスというタンパク質でつくられています。コルテックスは、水になじみやすく柔らかなタイプと水に強く硬めのタイプの2種類。この2種類のタイプがバランスよく散らばっていると直毛、偏りがあるとうねりやクセが強いクセ毛となります。

コルテックスの偏りによるクセ毛の場合、湿気の影響を受けやすくなるのも特徴です。アイロンやドライヤーで一時的にクセ毛を改善することはできますが、汗や湿気でうねりが戻ってしまうこともあります。コルテックスが偏る原因は、ダメージやエイジング、ストレスなど様々です。

b.縮毛矯正の仕組み

うねりや広がり、クセ毛に悩む人は多いもの。アイロンやストレートパーマなどを試してもうまくいかなかった経験を持つ方も多いのではないでしょうか。縮毛矯正は、うねりやクセ毛を直毛の状態に固定する技術です。施術部分は半永久的に直毛状態が保たれるので、クセの強い方や長年髪のうねりなどに悩まされていた方にはおすすめです。

縮毛矯正は、髪内部のタンパク質の結びつきを一度切断し、熱でまっすぐに固定した上で、再度結合させるというもの。具体的には、まず還元剤という薬剤を髪に塗布して内部のタンパク質を切断、髪を柔らかい状態にします。次に、柔らかくなった髪にアイロンで熱を加えながらまっすぐに整えます。最後に、別の薬剤を塗布して、タンパク質をもう一度結合させ、再固定して完了です。

髪をまっすぐにする施術というと、ストレートパーマを思い浮かべる方も多いかもしれません。では、縮毛矯正とストレートパーマの違いはどこにあるのでしょうか。

ストレートパーマは、パーマによって人工的につくられたカールを元に戻すもの。したがって、軽いクセ毛やかけたパーマを戻す程度であれば効果がありますが、頑固なクセ毛にはストレートパーマは不向きです。強いクセ毛の場合や、湿気によってチリチリになる髪には縮毛矯正の方が良いでしょう。ストレートパーマをかけても改善されなかった方は、縮毛矯正によって、今までの髪の悩みから解放されるかもしれません。

c.GMT縮毛矯正とは

縮毛矯正は、還元剤という薬剤を使用して髪の内部の結合を切断します。この時にGMTという還元剤を用いるのが「GMT縮毛矯正」。GMT縮毛矯正は、通常の縮毛矯正と比べて髪へのダメージが少ないのが特徴です。

通常の縮毛矯正ではアルカリ性の還元剤を使用します。弱酸性でできている髪に対して、アルカリ性の薬剤を使用することでキューティクルを開き、そこに薬剤成分を浸透させてストレートにするのが従来のやり方。しかしキューティクルが開いた際に、細胞間脂質などの髪にとって必要なものまで流れ出てしまい、髪がダメージを受けてしまうデメリットもあります。「縮毛矯正は髪にダメージを与えてしまう」と言われるのには、ここに原因があります。

GMT縮毛矯正では、髪と同じ弱酸性成分の薬剤を使用するため、比較的ダメージが少ない施術が可能です。またGMT縮毛矯正では成分が小さい薬剤を使用するため、アルカリ性の薬剤でキューティクルを大きく開くことなく、髪の中に成分を入り込ませることができます。そのため、髪へのダメージを抑えつつ、しっかりしたストレートヘアが実現できるのです。特に、髪が細い人や弱い人、キューティクルが少ない人など、髪にダメージを受けやすい人におすすめです。

GMT縮毛矯正は髪へのダメージを抑えて施術するものではありますが、あくまで「縮毛矯正」として行うものです。ブリーチをしている髪は切れやすくなったり、カラーが抜けることがあったりすることも。また、髪質によっては十分なストレート効果が得られない人もいます。GMT縮毛矯正をする前には、髪の状態をよく見た上で施術することが大切です。

d.スピエラ縮毛矯正とは

「スピエラ縮毛矯正」は、還元剤にスピエラという薬剤を使用する施術。ラクトンチオールとも呼ばれます。GMT同様に弱酸性の薬剤のため、髪にダメージを与えにくい縮毛矯正です。

スピエラ縮毛矯正は、アルカリ性で傷んだ髪にアプローチがしやすいのが特徴。カラーやブリーチなどでアルカリ性のダメージを受けた髪に、さらにアルカリ性の薬剤で縮毛矯正をかけては、髪が痛む原因にもなります。その点、弱酸性のスピエラ縮毛矯正なら、髪にさらなるダメージを与えずに施術ができます。カラーやブリーチとの相性が良い点はスピエラ縮毛矯正の大きなメリットと言えるでしょう。

また、スピエラ縮毛矯正は、その性質から自然な直毛に仕上がります。そのため、針金のような不自然な直毛ではなく、手触りの良い髪が実現できるのです。縮毛矯正をしてもさらさらの自然な手触りが叶います。スピエラはアルカリ性薬剤よりも軟化膨張しないため、ボリュームダウンして髪がぺたんこになってしまうリスクも低いのがポイント。単にまっすぐにするだけの施術ではないため、アルカリ性の縮毛矯正では不安がある方にもおすすめです。

2.縮毛矯正に失敗する原因

せっかく縮毛矯正をかけたのに、クセが伸びなかったり髪が痛んでしまったりと、失敗した経験を持つ方もいます。縮毛矯正における失敗の主な原因についてチェックしてみましょう。ただし、髪質や状態には個人差があります。失敗した場合の相談は、信頼できる美容師に任せましょう。

a.クセが直らない、縮毛矯正のかかりが甘かった

薬剤やアイロンの入れ方が原因です。施術時間の長さやアイロンの入れ方が合っていなかった場合、クセが残ってしまいます。

b.髪が痛んでしまった

薬剤が合っていなかったり、強すぎたりするのが原因。特にカラーをしている方の場合、縮毛矯正の薬剤でさらにダメージを与えてしまうことがあります。

c.髪が広がるようになってしまった

髪はダメージによって広がります。縮毛矯正後のヘアケアや、ダメージを与えない技法での施術が不十分だったことが原因と考えられます。

d.髪がツンツン、硬くなってしまった

薬剤が強すぎた場合や、アイロンの入れ方によって不自然な直毛になることがあります。カウンセリング不足や技術不足が原因です。

いずれの場合においても、縮毛矯正の失敗は美容師の技術が大きく影響するものです。お客様の髪質を見て、状況に応じた施術をしなければなりません。縮毛矯正は高い技術力が求められるメニュー。美容師の知識・スキルの不足によって失敗や、仕上がりに差が出てしまうということは、覚えておいた方が良いでしょう。

3.縮毛矯正を失敗しないためのポイント

せっかくの縮毛矯正を失敗しないためには、どうしたら良いのでしょうか。美容師やサロンを選ぶ際のポイントをご紹介します。

a.縮毛矯正は信頼できる美容師に任せる

縮毛矯正で失敗しないために重要なのは、美容師選びです。

縮毛矯正は高度な技術を要するもの。失敗してもやり直しができない場合もある、リスクの高いメニューでもあります。縮毛矯正を施術してもらうなら、高い技術を持ち経験豊富な美容師に任せましょう。

また、技術だけでなく、縮毛矯正の施術経験も重視した方が良いポイント。もちろん、美容師歴や施術歴が浅くても高いスキルを持った美容師の方もいます。しかし、経験の少なさはリスクでもあります。すでに信頼のおける美容師であれば良いですが、これから新たに美容師を探す場合は、美容師歴や施術歴もチェックしておくと良いでしょう。

縮毛矯正は比較的料金が高いメニューです。できるだけ安く済ませたい気持ちははやまやまですが、料金だけでサロンや美容師を選ぶのはおすすめできません。しっかりと技術などを見極めて、信頼できる美容師に頼みましょう。

b.通いなれたサロンで施術する

サロンや美容室を毎回変える人も多くいますが、縮毛矯正の場合は通いなれたサロンがおすすめです。縮毛矯正は髪のコンディションによって仕上がりが変わるもの。初めて会った美容師では、今までの施術内容や、いつどんなカラーをしたか、どんな薬剤を使ってきたかなどの髪の状態を知ることができません。髪についてわからないまま縮毛矯正を施せば、失敗してしまうリスクも上がります。また、担当する美容師がスキル不足の人に当たってしまう可能性もあります。縮毛矯正は、自分の髪について知っている美容師に頼みましょう。

縮毛矯正を検討する場合は、担当美容師の技術を知るためにも、数回同じサロンに通ってからの施術をおすすめします。美容師の腕を見極めて、信頼できると感じてから縮毛矯正を依頼しましょう。

4.サロンや美容師の探し方

縮毛矯正に失敗しないためには、通いなれたサロンで信頼できる美容師に施術してもらうこと。ここでは、縮毛矯正を依頼できるような、確かな腕を持った美容師探しの方法についてご紹介します。

a.サロン・美容師探しのNGポイント

まずは、縮毛矯正を依頼する際のNGポイントをチェックしましょう。これらに当てはまるサロンや美容師は、縮毛矯正にはあまりおすすめできません。

・同時に複数の客の対応をする

縮毛矯正を任せられる美容師は、スキルや経験の豊富さはもちろん、丁寧な施術をしてくれることも重要です。したがって、同時に複数の客を施術するようなサロンはおすすめできません。同時施術の場合は、放置される時間が長すぎたり、施術が雑になったりと、マンツーマンの場合に比べて丁寧な施術が見込めない可能性が高いです。

・料金でサロンや美容師を決める

できるだけ安い料金で施術をしたいのは当然です。ただし、料金の安さには何かしらの理由があります。同時施術をすることで人件費を削っていたり、安い薬剤を使っていたりなど、縮毛矯正において外せないポイントを削られていないかは、必ず確認しておきましょう。

また、高額な料金だからといって必ずしも技術が高いわけではありません。料金が高いから大丈夫と思いこまずに、きちんと美容師のスキルをチェックしておきましょう。

b.おすすめの美容師とは

縮毛矯正を任せるのには、スキルや経験が豊富な美容師がおすすめ。サロンの情報だけでなく、所属する美容師個人についてもよくチェックしておくのがポイントです。ここでは、より具体的な美容師の選び方のポイントをご紹介します。

●プロフィールや検索サイトから探す場合

美容師のプロフィールは、所属するサロンや美容室のサイト、インスタグラムなどのSNS、サロン検索サイトなどに掲載されています。プロフィールや検索サイトから、縮毛矯正を任せられる美容師を探す場合のポイントをご紹介します。

・美容師歴や施術経験をチェック

縮毛矯正は、一人ひとりに合った施術をするのが成功のポイント。お客様の髪の状態や状況に合わせた薬剤選びや臨機応変な対応が求められます。経験豊富な美容師は、多くの施術経験がある分、様々なタイプのお客様に対応できます。美容師歴の年数や、施術担当数などは重要な判断材料と言えるでしょう。中には新人でも上手な人もいます。しかし、リスク回避のためにも、少なくとも3年以上の美容師歴を持つ人がおすすめ。美容師選びの際は、プロフィールなどから美容師歴や施術歴をチェックしておきましょう。

 

・縮毛矯正を得意ジャンルとしている

美容師はカット・カラー・パーマなど、髪に関してオールマイティーに対応できます。すべて施術することはできますが、ショートカットが得意、カラーが得意など、美容師によって特に得意としているジャンルがあります。得意ジャンルごとにサロンを探せる検索サイトを利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

得意ジャンルから美容師を探すのも方法のひとつ。こうしたサロン検索サイトを利用する場合は、「縮毛矯正が得意」であることを条件に検索してみてください。また、縮毛矯正が得意な旨をプロフィールなどに謳っている美容師もおすすめです。

●SNSや写真から探す場合

近年、インスタグラムをはじめとしたSNSを開設している美容師が増えています。特に個人で活動している美容師はインスタグラムで集客や予約をしている人も多いもの。実際にインスタグラムで美容師を見つけて施術してもらったことのある方も多いのではないでしょうか。

インスタグラムなどで、お客様のビフォーアフターを掲載している美容師もたくさんいます。写真や動画によって、その美容師のスキルを目で確認できるのは注目すべき点です。美容師選びの際は、インスタグラムなどで、事例やビフォーアフターの写真をチェックしておきましょう。ここでは、写真チェックの際のポイントをご紹介します。

・細かい点や加工の有無を確認

縮毛矯正の事例写真は、全体的な施術効果だけでなく、毛先にパサつきがないか、不自然さがない綺麗なストレートになっているかなど、細かい部分までよく確認しておきましょう。髪の長さに合わせた施術ができているか、仕上がりをヘアセットでカバーしていないかなどの点にも注目しておくと良いでしょう。また、写真自体が不自然に加工されていないかも合わせてチェックしておくことが大切です。

・様々な人の写真を掲載している

美容師が掲載する写真において、注目すべきポイントはもちろん髪。しかし、映る人の年齢や髪の長さ、顔立ちなどによって受ける印象は異なるものです。写真映えする人の方が綺麗に見えるのは当然。見栄えを重視してか、モデルの写真ばかり掲載する美容師もいます。

モデルばかり載せているからダメ、とは一概には言えません。しかし、美容師のスキル面をチェックするなら、様々なタイプの人の写真を掲載している美容師の方がおすすめです。

また、同じような年代や同じような髪型の人の写真ばかりを掲載している場合にも注意が必要。掲載写真に映る人に近い年代や髪型の人の施術は得意でも、それ以外の人への施術は不得意である可能性もあります。美容師の掲載する写真のバリエーションにも注目しておきましょう。

5.縮毛矯正ならECLARTへ!

縮毛矯正は、クセやうねりなどの髪の悩みから解放される、まさに魔法のような技術。GMT縮毛矯正やスピエラ縮毛矯正などの、髪に優しい薬剤を利用すれば、ダメージを与えずに美しいサラサラの髪が実現できます。

一方で、縮毛矯正は美容師スキルによって仕上がりに差がでる技術でもあります。縮毛矯正を任せるなら、確かな腕や経験を持った、信頼できる美容師に任せましょう。

ECLARTは縮毛矯正を得意としているサロンです。在籍する美容師は経験豊富なプロが揃っています。ECLARTが目指すのは、お客様の髪の悩みを解消し、人生を輝かせていただくこと。お客様のなりたい姿を実現するために、常に最新技術を取り入れ技術の向上を目指しています。

ECLARTの縮毛矯正は、髪を傷めないだけでなく、美しい仕上がりにもこだわっています。ECLART独自の薬剤や良質なトリートメントを使うことで、従来の縮毛矯正のイメージとは違う、柔らかな手触りの自然で美しい髪を実現。ずっと触れていたくなるような、ストレートを叶えます。もちろん、経験豊富な美容師がお客様一人ひとりに合った内容の施術を致します。

ECLARTは、お客様が自信を持って、幸せな人生を送るためのお手伝いを全力でさせていただきます。今まで縮毛矯正をためらっていた方こそ、ぜひその効果を実感していただきたいメニューです。縮毛矯正なら、ぜひECLARTにお任せください。

TOP